HOME | 事業案内 | 著作権料

Copyright

映像に使用する音楽につきまして

音楽には著作権があり、著作権、著作隣接権などその権利は細かく分類されています。披露宴で音楽を流す場合は「演奏権」というものが必要になります。ホテル、結婚式場であれば包括契約で演奏権を取得していますので問題ありません。
ただし、この演奏権というものは正規に購入された音楽CDを持ち込んで再生をする事が前提となります。
たとえばCDをレンタルしてCD-Rにコピーをして会場で流す場合は、演奏権に加えて、ダビングをした「複製権」というものの申請が必要になります。
なぜ結婚式でそんなものが必要なのか?私的利用の範囲ではないのか?と感じるかと思いますが、法律上の「私的利用は」家族レベルの5名~6名程度を前提としています。また、披露宴は入場料(ご祝儀)を払っている時点で営利目的の演奏と判断されます。ですので、現在国内のほとんど全ての結婚式・披露宴でコピーした音楽を流す際には「複製権」というものが必要になります。
また、コピーした音楽だけでなく、音楽を使ってプロフィールビデオやエンドロールなどを作成する事も、音楽の複製になりますので、この場合も複製権が必要になります。
現時点では会場によって対応はさまざまですが、著作権、著作隣接権の複製権などに絡んだ問題も、スイートタイプでは対応が可能ですのでご相談ください。
著作権料を支払う、支払わないについてはお客さまにゆだねておりますが、お支払いがない場合には、記録映像に収録された著作権のある音楽が入った映像は複製となりますので納品は不可となり、権利が発生する部分はカットをして納品いたします。この点ご理解をお願いいたします。
お支払いをいただける場合は、許諾を取ることができる音楽は全編カットをすることなく納品が可能です。
撮ってだしエンドロールに関しましては、会場で音楽CDを再生し、その音楽の頭に合わせて映像を流すことで上映ができます。ただしこの場合には納品するビデオの音楽は著作権フリーの音楽となります。
納品物も含めて著作権の含まれる音楽をご希望いただく場合には、著作隣接権の権利料のお支払いが必要となります。
上記、あらかじめご了承ください。

権利許諾関連につきましては、ISUMのウェブサイトをご覧ください。
音楽著作権

結婚式カメラマン全国出張対応可能

電話:0748-26-3631
初回のお問合わせは必ずお問い合わせフォームよりお願いします。
事務所営業時間 : 9:00~18:00 不定休
滋賀県近江八幡市篠原町1-3-8

結婚式の写真撮影、ビデオ撮影、ムービー撮影、撮って出しエンドロール。

結婚式撮影関係なんなりお問い合わせください。
滋賀県のカメラマンですが全国対応いたします