HOME | 結婚準備アドバイス | エンディングムービーの音楽

エンディングムービーの音楽

どんな音楽かで披露宴お開きの会場雰囲気が決まります

撮ってだしエンドロールの音楽について

楽しい披露宴にしたいか、泣く披露宴にしたいかの違い

楽しいならアップテンポで

できるだけ起承転結を大事にしています。音楽の流れ終わりで拍手が沸くような編集をしたいといつも作業をしていますが、歌詞が終わってからも演奏が長い曲、徐々にフェードアウト の曲、それから特にバラード系の静かなテンポの曲だけはどうやっても拍手を取ることができません。
 
人の感情、怒らせることが一番簡単で、次に感動させること最も難しいのは笑わせることです。常にその笑わせる、楽しんでもらうことを目標にしています。
 
全く同じ映像で、テンポの良い曲とバラードの曲とで編集した場合、これだけの違いがあります。
 
再生にはパスワードが必要です
 
バラード
感動はできますが、なんでもかんでも感動になってしまうのでその日に起きた涙や笑顔、笑いの一日が全て「泣き」で終わってしまい、曲調のせいで笑わせる、楽しませる編集ができません。
 
テンポの良い曲
笑いもあって、感動もできる、笑顔は笑顔でこちらも笑顔になれる、最後には感動まで持っていける編集にしています。
 
早送りせず通しで見ていただければ理解して頂けます。出来るだけ盛り上げることができる編集をしたいと思っていますが音楽でほぼ雰囲気イメージが決まりますので、この点ご了承をお願いいたします。 

過去に撮影上映した映像です

ご覧になりたい結婚式場が無い場合お問い合わせください。
申し訳ございませんが個人情報の保護の関係上、再生にはパスワードが必要です。
 
フォーム送信後フローティングウィンドウにパスワードをご案内いたします。
この下にフォームが表示されますが、フォームの表示に少し時間がかかりますのでお待ちください。
 

結婚式カメラマン全国出張対応可能

電話:0748-26-3631
初回のお問合わせは必ずお問い合わせフォームよりお願いします。
事務所営業時間 : 9:00~18:00 不定休
滋賀県近江八幡市篠原町1-3-8

結婚式の写真撮影、ビデオ撮影、ムービー撮影、撮って出しエンドロール。

結婚式撮影関係なんなりお問い合わせください。
滋賀県のカメラマンですが全国対応いたします